労働法とは!?

労働法とは!? 労働者の環境や雇用、権利などを守っている労働関係の法令の総称を労働法と言います。 この労働法の根本にあるのは、日本国憲法の基本的人権の保障です。基本的人権の保障の考え方は一般法としての民法の雇用契約の定めがあり、それをさらに分野ごとに細分化したものが労働法といえます。 労働法の全容を知ることは必要でしょうから下記に掲載してありますのでご覧ください。 この労働法の分野には、個別的労使関係(使用者と労働者個人)や集団的労使関係(私用者と労働者集団)など、いくつかの分野があります。そしてそれぞれに適合した法律が定められています。しかし、読んで見ると感じますが、これらの法律は労働関係の現場で起こる様々な事件、事柄に必ずしも全て対応できるほど具体的ではないようです。重要なのは、行政省庁のが決めた省令や告示、規則、あるいは実際に問題に対応した裁判所の判断などが、労働法を理解する上で必要になるといえます。   労働法の種類 ・労働基準法 労働者の最低労働基準を定めている法律です。 ・パートタイム労働法 短時間労働者(パート・アルバイト・契約社員など)の地位の確保、福祉、労働 […]