障害者の雇用について

障害者の雇用について 企業には傷害者を雇用する義務があるのをご存知ですか!! その対象となる企業というのは、常用雇用労働者が53人以上の一般企業なのです。そして雇用者のうちの1.8%は障害者を雇用しなければなりません。 しかし実際に義務があるにもかかわらず、義務違反をしても特別な罰則はないのです、そのためか景気の悪化なども伴い、義務違反をしている企業も少なくはないようです。 ちなみに障害者と言っても、一定の要件を満たす者が対象で、それぞれ障害に対しての等級が定められています。しかしそれは日常生活を対称にしたもので、特定の職種に対してはその能力が十分ある方の多く存在するのです。 障害者とは ・精神障害者 、「統合失調症、精神作用物質による急性中毒又はその依存症、知的障害、精神病質その他の精神疾患」を有する個人。 ・身体障害者 身体の一部などに一定程度以上の永続する障害のある人で、身体障害者福祉法に基づき知事から身体障害者手帳を交付された人を指します。 ・他、知的障害者など ◆特定求職者雇用開発助成金の適用とは? しかし傷害者を雇用した企業にも何らかの、メリット?、が無いわけでは「」ないの […]