失業・リストラの法律知識

失業・リストラの法律知識

予期せぬ突然の解雇、給料の未払い、など不況になれば企業は経営不振に陥り労働者を解雇、リストラすることもたびたびあります。しかし経営不振になればすぐに労働者を解雇できるというものではありません。

結論から言えば、その整理解雇に企業存続ののための必要性が重要視されます。

さらに労働者の雇用をなんとか維持するため、必要な努力を行ったかも整理解雇の正当性を判断するときの重要な材料になります。 そして、正当性が証明できたならば、次は解雇の対象者を意図的な選別をせず選び出し、説得・協議をしていく必要があるのです。

解雇について

制裁としての解雇・「懲戒解雇」

人員整理・「整理解雇」

退職について

一時的な休業・「一時帰休」

失業した場合のかしこい対処とは?!