労働者のための保険制度

・社会保険とは? 狭い意味では、健康保険と厚生年金保険ですが、正確には雇用保険、労働者災害補償保険(労災)が加わり、これらの保険の総称です。 ・管轄は? 厚生労働省(社会保険庁)です。 ・取り扱い窓口は? それぞれの窓口は、健康保険・厚生年金保険については、地方社会保険事務局と社会保険事務所で、労災保険は労働基準監督署、雇用保険は公共職業安定所となります。 健康保険について 厚生年金保険について 雇用保険について 労災保険について 労働安全衛生法とは!?

健康保険について

・社会保険とは? 狭い意味では、健康保険と厚生年金保険ですが、正確には雇用保険、労働者災害補償保険(労災)が加わり、これらの保険の総称です。 ・管轄は? 厚生労働省(社会保険庁)です。 ・取り扱い窓口は? それぞれの窓口は、健康保険・厚生年金保険については、地方社会保険事務局と社会保険事務所で、労災保険は労働基準監督署、雇用保険は公共職業安定所となります。 健康保険について 健康保険の役割としては、加入者やその家族が業務外で病気や怪我、死亡、あるいは子供を生んだときなどの経済的負担をしてくれます。 保険料の支払いはというと使用者と労働者が半分ずつ負担することになります。健康保険の適用範囲としては、法人の場合では全事業所、5人以上従業員がいる適用事業所になります。 健康保険の給付の範囲と種類について ・療養の給付・・・業務外の怪我や病気について治療を受けることができます。 ・訪問看護治療費・・・被保険者や被扶養者が看護を必要とする場合に訪問看護を受けることができます。 ・高額治療費・・・1ヶ月の自己負担額が規定の額を超える場合超えた部分について給付が受けられます。 ・傷病手当金・・・被保 […]

厚生年金保険について

厚生年金保険について 厚生年金保険とは、障害や死亡、あるいは労働者の老齢に対して必要な保険給付を行い、被保険者や遺族が安定した生活を送れるようにするためのものです。 厚生年金保険は、、65歳から国民年金による「老齢基礎年金」と、厚生年金による「老齢厚生年金」を合わせたものが支給されています。 しかし、原則として年金は請求しなければ支給はされません。 現在では、「裁定請求書」などが送付されてくると思いますから必要な事項を記入して社会保険事務所に提出しましょう。 給付の種類と対象者とは?! 1・老齢給付について s36・4月以降、厚生年金保険、国民船員保険、共済年金の被保険者であった期間と、サラリーマンの妻であった期間、国民年金の保険料免除期間、これらを合わせて25年以上で支給が開始する年齢に達している者に支給されます。 2・障害給付について 被保険者であった期間中に初診日がある傷病で一定の障害がある者に支給されます。障害の程度は1〜3級に分類されます。 3・遺族給付について 遺族基礎年金と遺族厚生年金の二つがあります。 遺族基礎年金の受給資格としては、被保険者や被保険者であった人が死亡し […]

雇用保険について

雇用保険について 労働者が失業した場合や雇用の継続が困難となるような事由が生じたときに、雇用保険は基本手当てを中心に各種の給付を行います。 雇用保険は、受給資格者が受給可能な基本手当ての日数は被保険者の年齢や、被保険者期間と離職理由などで決められていきます。 離職理由としては、自己都合・定年退職などによる場合と、倒産や解雇などの場合、就職が困難な身体障害者などにより、被保険者であった期間と対象者の年齢とで給付期間が変わります。 しかし事業所の取締役や事業主と同居している親族は被保険者になることはできません。 雇用保険の適用範囲とは?! 適用範囲としては全事業所になりますが、その事業所に属していても適用を受けない人もいます。 65歳以上の人は65歳以前から雇用されている場合には被保険者になります。しかし。65歳以上になってから雇用された場合は被保険者にはなりません。 パートタイマーの適用範囲は?! ・1週間の所定労働時間が20時間以上の場合 ・1年以上引き続き雇用される見込みが有る場合

労災保険について

労災保険について 労使保険とは、業務上の竿がいや通勤災害、疾病、負傷、障害、死亡が対象となる保険で、他の保険と違い保険料は使用者が負担します。 適用範囲としては、労働者を雇用する全ての事業所ですが農林水産業の零細企業は適用されません。 労災保険の給付内容とは!! ・療養(保障)給付・・・業務上の負傷や疾病が治癒するまで治療を受けられます。 ・休業(補償)給付・・・業務上の負傷や疾病の療養で勤務することが不可能で、賃金が得られない場合は4日目から給付基礎日額の6割が休業補償として支給、そして特別支給金として2割が支給されます。 ・傷病(補償)年金・・・療養を始めてから1年半経過しても完治しない場合、さらに療養が必要があるとき支給されます。 ・障害(補償)給付・・・負傷などが治癒しても障害が残った場合、障害の程度に応じて傷害補償給付と特別給付金が支給されます。 ・遺族(補償)給付・・・負傷や疾病で死亡した場合、その遺族に支給されます。 ・通勤災害に関する補償・・・労働者が仕事に行く途中の往復の際に発生した災害に対して補償します。 ・介護(補償)給付・・・重度の傷病や障害が残り介護が必要とな […]

労働安全衛生法とは!?

労働安全衛生法とは!? 労働安全衛生法(安衛法)とは、事故や災害が起こる前の予防としての法規制です。 この労働安全衛生法の目的としては、職場での労働者の安全確保と労働者の健康維持、快適な職場環境を形成することです。 そして目的を達成するために、安全衛生管理体制の確立や安全衛生のための教育、健康診断などが規定されています。 労働安全衛生法での労働災害の定義とは、「労働者の就業にかかわる建築物、設備、原材料、ガス、蒸気、粉塵などにより、又は作業活動その他の業務に起因して労働者が負傷し、疾病にかかり、又は死亡すること」とされています。 安全衛生を確保するための措置とは?! ・一般的な安全衛生管理組織 各事業場に共通に適用され、業種は関係なく一般的な安全衛生管理体制を確立し業務を行います。 ・請負関係に係わる安全衛生管理組織 建設現場の元請と下請あるいは孫請などの組織形態に適用され、「統括安全衛生管理組織」と呼ばれています。 鉄筋コンクリート造の建設物の建設現場などでは、常時20人以上50人未満の場合「店社安全衛生管理者」を選任して施工しなければなりません。 又、常時50人以上の労働者を使用す […]