特定社労士に相談する

特定社労士に相談する 社会保険労務士についてここまでのページを見てくると、労働全般に対するエキスパートといえども、企業と契約して諸手続きを代行する専門家のようですが、特定社会保険労務士(特定社労士)は少し違います。 特定社会保険労務士(特定社労士)とは、その専門知識を生かし一定の範囲内であれば労働トラブルのADR代理権(裁判外紛争処理制度)を持つ社会保険労務士(社労士)社会保険労務士です。 特定社会保険労務士(特定社労士)の制度は社会環境の変化からか、給与の不支給、残業代の不払い、年次有給休暇の未取得等、個別の労働紛争の増加と司法制度改革に伴い、2007年4月よりから始まりました。 まさに、特定社会保険労務士(特定社労士)は労働者の立場を理解し理不尽な環境を強いられている者の見方と言えるのかもしれません。 しかし労働トラブルは使用者と労働者の間で発生しますから、依頼者が使用する側ということも十分考えられますので労働者専門という訳ではありません。 それでも、場合によっては裁判になりえるかもしない労働トラブルは数多くあります。裁判になれば費用や時間がかかり労働者にとっては大変な状況になりま […]