社労士の仕事

よく言われる社労士とは、社会保険労務士のことです。
社労士(社会保険労務士)は、読んで字の如しで、労働・社会保険業務のスペシャリストです。
ちなみに社会労士・社労務士とも呼んでいる人がいるようですが、一般的には「社労士」です。

 

社労士の仕事

社会保険労務士の主な仕事は、中小事業主の依頼を受け、労働環境の整備を図るための様々な手続きを行います。
これらの業務は、労働基準法・労働者災害補償保険法・健康保険法・厚生年金保険法などの労働、社会保険関係の法令に基づき行われます。

■具体的な仕事内容の例!!(一部重複有り)
・行政機関に提出する書類の作成
・社内の帳簿書類の作成
・社内の労務管理に関する相談業務
・社会保険に関する相談、指導
・保険料や給与計算
・就業規則の作成
・人事、労務全般にわたるコンサルタント
・老後の年金を含む生活設計や介護の相談
・・・など

■活躍の場は?!
雇用環境は日々変化していきます。
それでも企業にとって人は最大の財産といえるでしょう。
労働者は働く環境が整備されてこそ安心して働くことができますし、意欲を持って働くことができると思います。
そのためには、社会環境の変化や厳しい労働条件の中で雇用形態も変化し、就業規則や賃金体系の見直し図られます。
又、年金制度の関心の高まりから、年金についてのアドバイサー的要素も求められています。
社会保険労務士は、労務に関する業務と社会保険手続きに関する業務を行う専門家ですから、その活躍の場は混乱している社会情勢の中でも幅広いと考えられます。