労働環境の法律の変化

労基法|労基法の改正について

労働環境は年々変化を遂げています。それに伴ってか、雇用の問題やトラブルに対応した労働関係の法令改正が行われています。


労働環境の法律の変化
予期せぬ突然の解雇、給料の未払い、セクハラ、パワーハラスメント、サービス残業、リストラ、雇用形態、労働時間・・・・など、現代社会には様々な雇用問題(雇用トラブル)があふれています。

労働法には様々な労働関係の法律がありますが、なかなかその条文だけを見ても簡単に労働問題が解決できるわけではありません。
時に労働者は、景気と、企業の都合に翻弄され失業してしまう場合もあります。

労働関係のあらゆる事柄に対応するには法律は具体的ではないのが実情です。
実際の労働法を理解するには、行政庁の規則や告示、通達、あるいは労働問題に対する裁判所の判例や判断が重要になってきます。
従来の法解釈では変化する労働環境に対応できなくなっているのか、あるいはそのまま放置していた場合、労働者に重大な影響を与えてしまうためか、様々な労働環境の背景を踏まえて労基法の改正が行われています。

労働者保護のための解雇ルールの制定

有期労働者(パートタイマー等)の雇用契約期間の延長

労働者派遣法、派遣法の範囲の改正

過密労働(過労死・サービス残業)の改善について

育児・介護休養法の改正について

雇用保険法の改正について

労働審判制度とは