worktime

労働時間と休日・休暇

労働時間と休日・休暇

労働者にとって賃金は最も重要なのは言うまでもないことです。しかしこの賃金と同等なくらい労働条件も重要なのです。
ここでは、労働条件の中でも過去、サービス残業や休日出勤、法定労働時間など様々な場面で問題にもなった労働時間や休日・休暇について解説しています。
ちなみに労働時間とは、原則として労働者が使用者の監督・指揮を受けている時間帯のことを指します。

労働条件に関連した主な改正点とは!?
特定の業務は上限3年に・(労基法14条)
労働時間に関する事項等を追加・(労基法15条)
休憩の付与・(労基法34条)一斉休憩付与の原則→適用除外
ホワイトカラーも裁量労働制の適用・(労基法38の4)
1ヶ月単位の変形労働時間制採用の要件の改正(労基法32条の2)
1年単位の変形労働時間制の対象者の範囲拡大、中途採用者、退職者も含む(労基法32条の4)
年次有給休暇の日数の変更、勤続3年から2日づつ加算に(労基法39条の135条)

 

労働時間について

特殊な労働時間・「変形労働時間制」

みなし労働時間とは

フレックスタイム制とは

裁量労働制について

ホワイトカラーが対象・「新裁量労働制」

休日・休憩について

残業と休日出勤について

労働者のための休暇・「年次有給休暇」

介護休業について

育児休業について

職場の秩序を保つ・「懲戒」とは