求人・内定・採用等の法律

求人・内定・採用等の法律

企業に雇用される場合まずは求人から始まり、応募者の選考、内定者の決定、そして試用期間を何事も無く終えることができれば本採用となります。

しかし、途中の内定の段階で油断をしてはいけません。内定と言っても単なる採用予定の場合もあるのです。さらに内定が取り消されないとしても次の試用期間で問題があると判断された場合は、本採用を拒否されることも十分考えられることなのです。

そして無事に試用期間を終了できれば、めでたく本採用となり同時に労働契約の締結となります。
労働契約を締結する場合は労基法で、労働者保護のため内容の明示が書面で義務づけられています。

 

求人の規制について

「内定」についての考察

「内定取り消し」についての考察

誓約書などの必要書類について

試用期間ついて

労働契約とは??

労働契約・雇用の期間

労働条件の明示について

身元保証契約について